足がむくむと気持ちもブルー。マッサージでむくみを落とそう。

足のいやなむくみ。原因とメカニズムは?

足が太く見えてしまうむくみ。悩んでいる人も多いのではないでしょうか。むくみとは体のメカニズムが関係しています。 人間の体は重力に引っ張られ、血液や水分は下半身に向かって降りて行きふくらはぎの筋力がポンプのように作動することで血液やリンパ液が心臓の方に循環していきます。 少しこのふくらはぎの筋力があまり動かされなくなると不要な老廃物や水分が滞ってしまいます。それがむくみの原因です。

仕事などで長時間立ち続けたり座り続けたりすると足がむくみやすくなります。1時間に一回は小さくでも体を動かして老廃物を流してやるようにするとむくみにくくなります。足のかかとの上げ下げの運動、つま先を伸ばす運動などこまめにするようにしましょう。

一般的に通常のローヒールよりハイヒールの方が足がむくみやすいと言われています。またブーツも足が固定されるため足が運動しにくくむくみやすいのです。特に仕事中などは運動靴やローヒールのものを選ぶようにしましょう。

女性は特に男性に比べると筋肉の量が少ないためむくみやすい体質です。 またホルモンの働きが関係しておりバランスが崩れるとむくみの原因になることがあります。更年期や妊娠中は特にむくみやすいのでしっかりと予防しましょう。

むくみの解消には足のマッサージやストレッチが効果的です。特にふくらはぎから膝下太ももへとゆっくりと手のひらで圧をかけながら流していくとむくみ防止になります。

足のむくみにはマッサージがきく?

ストレッチやマッサージをする暇がないという人は半身浴がおすすめです。お風呂で体を洗う時に下から上にふくらはぎ膝上を上に向かって圧をかけるように洗っていくとリンパの流れが良くなります。

よく勘違いされるのですがむくみとセルライトには大きな関連性があります。足がむくんでいても気にせず放置しているとセルライトに変わってしまうのです。足の細胞に滞った老廃物や水分が溜まると細胞自体が大きくなり圧迫され排出できなくなってしまうのです。セルライトに変わる前にセルフケアで対処した方が良いでしょう。

足のむくみは塩分の摂りすぎや乱れた食生活も原因の一つになります。特にアルコールは体の水分を奪ってしまいます。そのため身体は血液に水分を送り込むのですが、その追加で送り込まれた水分がむくみになります。そのためお酒を飲み過ぎた次の日は足や顔がむくむことがあるのです。

運動する暇もないマッサージもできない、とにかく多忙な人も多いと思います。そんな人はむくみ防止の着圧式ソックスや着圧式ストッキングを検討してみましょう。足のふくらはぎやくるぶし周りをきゅっと締め付けてくれるのでむくみ防止になります。また夜に履いて寝るタイプのものもあり色々な種類があるので探してみるのも良いでしょう。